イーナポリ ピッツァイォーロ (ENP-2N)

イーナポリ ピッツァイォーロ (ENP-2N)

イーナポリ ピッツァイォーロ (ENP-2N)

外形寸法 幅830×奥行800×高さ655 (mm)
焼成能力 ピッツァ 直径35.6cm(14in) 1枚
ピッツァ 直径30.5cm(12in) 2枚
電源・電力 三相 200V 6.2kW
質量 約155kg
イーナポリ ピッツァイォーロ (ENP-2N)


電気式ナポリピッツァ(ピザ)用石窯「eNAPOLI(イーナポリ)」

ナポリピッツァの美味しさを広めるために、株式会社ツジ・キカイが独自に国産で開発した電気式石窯「eNAPOLI」シリーズ。この石窯を使用した職人選手権「チンクエチェント カップ」には、ナポリから職人協会会長や幹部も審査員で参加するほどで、唯一ナポリ人が認めた日本の石窯です。
最大の特長は、独自に開発した石窯用の特別な石(セラミック)を6面一体成型で継ぎ目のない理想のカタチに。蓄熱性と遠赤外線効果に優れ、割れない石を実現しました。これによって90秒で薪窯同等の理想のナポリピッツァを連続焼成できます。場所を選ばす、ランニングコストも低減。
どこででも美味しいナポリピッツァを手軽に提供できるようになりました。


牧島昭成ピッツァイォーロナポリピッツァ石窯セミナー

牧島昭成ピッツァイォーロ(ソロピッツァナポレターナ代表取締役社長、チェザリ専務)によるナポリピッツァセミナー。牧島さんの想いを伝えると同時に、電気式ナポリピッツァ用石窯「eNAPOLI 500」を使用して焼きの本質に迫る。


ナポリピッツァへの想い(牧島昭成 × 山根証 対談)

ソロ ピッツァ ナポレターナ/チェザリの社長であり、2010年度ナポリで世界一のナポリピッツァ職人となった牧島昭成氏と、ツジ・キカイの社長、山根証の対談を軸に、ナポリピッツァの素晴らしさを伝える動画作品。
ナポリピッツァ職人歴55年のアドルフォ・マルレッタ氏が催事で活用しているツジ・キカイの電気式ナポリピッツァ用石窯「イーナポリ」の素晴らしさを解説している貴重な映像です。 ますますナポリピッツァ本来の価値を伝え広めます。


石窯用の石

ナポリピッツァのはなし

    
型式 ENP-2N
外形寸法 幅830×奥行800×高さ655 (mm)
有効寸法 幅650×奥行475×高さ135 (mm)
焼成能力 ピッツァ 直径35.6cm(14in) 1枚
ピッツァ 直径30.5cm(12in) 2枚
電源 AC200V/三相+1接地相/18A/50Hzまたは60Hz
電源接続ケーブル 接続ケーブル1.8m付 4芯/3.5sq
(漏電ブレーカーを別途ご用意ください)
電源プラグ 接地形3P/30A/250V/引掛式
定格電力 6.2kW
質量 約155kg
付属品 ・取扱説明書
オプション用品 ・スクリーン(12in)
・焼成品取り出し用トング
・シリコンミトン
・専用架台(ステンレス製、キャスター付き)