2013年4月3日~5日に開催されたデザート、スイーツ&ドリンク展(FABEX共催)ツジ・キカイブースでは、
萩原俊夫先生による石窯「エレガンス」スチコン「ベイキープロ」パティスリーチラー「パティ」「ツインパティ」等を
活用したスイーツの実演と、渋谷英司ピッツァイォーロ(フレッシュフードサービス)によるナポリピッツァを実演

「石窯の焼き、スイーツへの想い」
講師:パティスリー YU SASAGE 捧 雄介オーナーシェフ

2013年4月4日 13:30~
デザート、スイーツ&ドリンク展会場内プレゼンテーションステージ
in 東京ビッグサイト
スイーツ展2日目は、捧雄介シェフがセミナーを開催
午前中はブースにて、石窯「エレガンス」でフィナンシェを焼いてくれました
捧シェフは、3月31日で「プレジール」のシェフを退任されたばかり
5月には、パティスリー Yu Sasage を開業されます
捧シェフがパティシエを志し、今に至る経緯からトークスタート
最初に勤めたルコントで、フランス菓子本来の奥深さ、素晴らしさに衝撃を受けたそうです
フランス菓子の魅力を、これからもますます伝えたい!
約3年間シェフを務めたプレジールでは、全てのお菓子を石窯「平窯王」(エレガンス)で焼いていました
”ケーク オ フリュイ”や”サントノーレ”などを例に、熱の伝わり方や焼き上がりの違い、優れた点を解説
万能であり、失敗しない窯であること、省エネに至るまでお話しいただきました
石窯「エレガンス」の石の熱を最大限に利用して、表面をカリッと焼き込む
中はしっとりと深い味わい
石窯で焼いた焼きたての「フィナンシェ」は最高に美味しい!
皆さんに試食していただきました
捧シェフ、協力してくれた方々、参加者の皆さん、ありがとうございました!